不動産収入についての理解を深める

ホーム / Uncategorized / 不動産収入についての理解を深める

不動産投資において、賃貸物件など、不動産の多くの生み出す利益は家賃収入が大きな割合を占めるものです。

ある物件の購入を検討する際に、買主となる人は、必ず、家賃収入についてのリサーチを行います。買主は、リサーチを経て得た様々なデータから算出する妥当な家賃というものを導き出すと思いますが、同時に、自分自身の評価と実際の家賃とを比較する必要があります。

買主の見通しと比べて、あからさまに設定が高い。それでいて、入居率は周囲の同じような条件の物件と比べると、劣るどころか、上回っている。そのような場合、買主は自分の計算が間違っていないのならば、何か理由があって高家賃の設定が可能になっているのだ、と考えるのが自然かもしれません。

逆の場合、つまり家賃が算出した妥当な額よりも有意な(意味がある)レベルで低く設定されている……この場合、何か設備故障や立地の環境などによって、マイナス要因となる、負の原因があるはずです。

家賃について調べるのは、リスクとリターン、支出と収入とのバランスを把握する初めのプロセスとして、後者のリターン、収入を算出するためです。つまり、家賃について調べることが目的ではなく、家賃収入を含めた、総収入をつかむことがより大きな目標なのです。

物件から得られる収入を指して、「不動産収入」と呼びます。ここには、家賃を主としつつも、管理費、礼金、各設備(駐車場・ランドリーetc.)などといった、あらゆる収入が含まれますので、「不動産収入≠家賃収入」ということを念頭に置いておきましょう。

家賃収入を上回るその他の収入というものは考えにくいですが、それぞれの各収入の数字が小さくても、複数集まれば当然大きな額になります。

不動産収入についての理解を深めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です