節税を狙う

ホーム / Uncategorized / 節税を狙う

節税効果を狙うにしてもマンション出資のlつの目的は、毎年桜の季節の確定申告のときに、マンション賃貸”業”によって生じる年間赤字を自身の本業所得と合わせて申告する事によって、税金を少なくすることが可能という効果(節税効果)を狙う事です。

ワンルーム・マンションの分譲エキスパートには、この方式による節税効果を前而に押し出して売込みを図っているところもあります。

けれども、仮にこの種の出資を行おうというのでしたら、その前提として、貴方が本業のところで相当に高い年収をあげており、毎年のように税務局をたっぷりと潤している人(大きな納税額を続けている人)でなくてはいけないはずです。

大きなローンをして節税効果を狙う出資法には、普通に考えて矛盾があります。

借入金を使って不動産を買う事は、自身と世帯が住む自宅を確保するためでしたら「仕方なく」と言えなくもないですが、財産運用の一環として一考すると、合理的な出資法と言える余地が極めて限定されると考えます。

わが国の経済情勢から決断して、大幅な地価上昇でもない限り、こうした状況はしばらく続くでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です