現実世界のケーススタデイ

ホーム / Uncategorized / 現実世界のケーススタデイ

あるアメリカの州にある総戸数182戸の物件を購入したが、この町には住民の年齢制限があって55歳以上の人しか住むことができない。物件は1996年に建てられたもので状態はすばらしかった。所有者の所在地は他にあり、彼らがここに所有する物件はこれだけだった。過去2年間の実際の運用の数字に基づいて、この物件の価値を9,000,000ドルとはじき出した。この物件が売りに出されたことは一度もなかった。9,000,000ドルでこの物件を押さえると、デューデリジェンスのプロセスを開始した。そして、管理プランを作成していくなかで、将来の運営に関する予算を変更していった。あらゆる調査をした結果、新しい所有者のもとでより良い管理をすべき時期にきている分野を3つ発見した。

  1. 交通機関…いま住んでいる住人たちは、何らかの地域の交通手段がほしいと思っていた。
  2. ユニットの位置……この地域の高齢者たちは階段をのぽるのが好きではないので、上の階のユニットはたいてい空室だった。
  3. ケーブルテレピと警報サービス……この物件のケープルテレビと警報サーピスは、一括料金の契約でしばられていた。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です