貸すメリット・デメリット

ホーム / 貸すメリット・デメリット

中古マンションを貸すメリット・デメリットを見きわめたら、次は自身のライフプランを確認しましょう。 貸そうと考えた場合、未来のプランとして次の3つの可能性があります。

①ずっと貸し続けて収益物件として所有する

②将来、自分が住む、または利用する予定がある

③今はとりあえず貸しておくが、将来は売る可能性もある

①の場合は、単純に家賃とロ ーン等の支払いの収支、自身の資産形成を考え、「家賃収 入を得るビジネス」として一生懸命大家業に精を出してください。 ただ、前項でもお話しした通り、貸してしまうことで将来売ることになっても「収益物 件としての評価」しか得られません。また、新しい不動産を買おうとしても、 2つ目の住 宅ローンとなることで融資が受けにくくなります。

②の場合、「将来自分が使うことを前提とした賃貸業」をしなければいけません。気を つけるべきなのは、「普通の賃貸物件」として人に貸してしまうことです。自分が戻って くるタイミングで賃借入が退去してくれればいいのですが、まずそううまくはいきません。 このため、借主が出て行くまでは、自身も家を借りる必要が出てきます。 「貸主が使うから出て行ってもらったらいいじゃないか」という方もいますが、「借地借家法」という現行法令の下では、借主がきちんと家賃を支払う限り、貸主の都合で追い出すことは難しいのです。なぜなら貸主は、「正当な事由」がない限り、借主に退去してもらうことはできないからです。もちろん、家賃滞納など契約書の解除条項に抵触すれば、当然契約を解除することがで きますし、また借主が退去に応じれば問題ありません。しかし、借主が「出て行きたくな い」となると、貸主は「正当事由」で抵抗するしかありません。「貸主が使うから」というのは正当事由にはならないのです。 ただし、帰ってくる時期や将来の家を使いたい時期が確定しているのであれば「定期借 家契約」を利用するのも手です。定期借家は契約で定めた期間の満了により、更新される ことなく確定的に借家契約が終了します。このため、利用したい時期までの契約にしてお けば、確実に借主が退去し所有者がマンションを利用できます。 明確なライフプランがある方ばかりだといいのですが、

③の「とりあえず貸しておこう と思うのですが」と相談に来る方が多いのです。 明確なプランがなく「貸して家賃収入を得るのもいいな」とお考えであれば、売ったほうが賢明です。大家業で安定した家賃収入を得るというのは、簡単なようで大変なのです。