投資用不動産を購入して相続税を減額

ホーム / 投資用不動産を購入して相続税を減額

効果的な節税対策にはどのようなものがあるのか。実は不動産によって 節税を図ることができるのです。例えば現金1億円を相続する場合、相続税評価額はそのまま1億円ですが、同じ1億円で投資用のマンションを購入した場合、 相続税の評価額は、なんと、約3000万円にまで減額されることがあります。 不動産の場合は、購入した価格(時価)よりも、相続税評価額が低くなるよう に設定されています。土地であれば時価の8割、建物の場合でもマンションなら 7割程度が評価額となり、不動産を人に貸している場合には評価額をさらに減額 することができます。特に投資用マンションで一定の要件を満たす場合には、さらに大幅な減額が可能になります。そのためワンルムマンションの相続税評価 額は購入価格の半分以下にもなることがあるのです。 仮に l億円の現金を保有していた場合、そのまま1億円が相続税評価額になっ てしまうわけですが、これをもっとも節税効果の高い投資用のワンルームマンションという形で保有して、仮に評価額が何%4000万円になったとすると、 差額の6000万円分にかかる相続税を節約できたことになります。